インテグラ乗りがCR-Zを試乗してきた

愛車インテグラのワイパーがこの冬を越え、ゴムの摩耗…というか脱落寸前で用を成さない状態になっきてたためいつものホンダディーラに足を運んだ。

今回の目的はそれだけではなく、世界初となるハイブリッドスポーツ『CR-Z』(しーあーる・ずぃー、と発音する)の試乗もしてきた。今日はそのお話。

結構文句を言われているボンネット周り、フロントフェイスといった外観は俺的には全く問題がない範囲。むしろ先の4ドアCIVIC TYPE-Rや生産終了したS2000よりは好み。

そんな第一印象とともに、運転席につく。アイポイントは自分のインテより低め。インテリアは…うーん。ステアリングにごてごて操作ボタンとかあんまり好きじゃないけれど、タコメーター中央のスピード表示の見え方はちょっと面白い。

さて、実際のドライブ。ドライブモードは3つあって、それをインパネで操作しながら加減速を楽しむ。3モードのうちのSPORTSモードは最も燃費の悪いものだけれど、最もこの車を楽しむのに適している。シートに張り付くような加速力には欠けるものの、それでもクーペの位置づけを納得させてくれる加速はあると言える。

総評としては『自分のインテがボロ来てたら買い換えてたレベル』だね。すごくいい車に仕上がってる。ホンダスポーツに見受けられる詰めの甘い箇所もあるけれど、久々にワクワクさせてくれた車だった。

補足。乗ったのはセミ&フルATのシーケンシャルシフトの設定車だったけれど、ハイブリッドにしながら6速MT設定のものもあるというのがポイント。俺なら断然こっち。時代が変わっても、トランスミッションがMTなのは男のロマンです。

4 Comments

HIRO

最近、どこもかしこもCR-Zばっかだね。
Hondaの宣伝戦略の勝利っていう感じかな……
私はフロントフェイスが気に入らないけど、それさえクリア
できるのであれば結構魅力的なのかも、と思った。
というか、リッター6kmの壁が破れないウチの車どうにかして(笑

Reply
St.Lute

> HIROすん
外情報みてないからだろうけど、そうなの?
時代が時代なだけにもちきりになってる印象が薄いのかもしれない。
燃費についてはこれはもうなんとも。w
うちのインテは驚愕の12~15kmです。
徹底的なアクセルワークと惰性走行、渋滞回避・予知能力が
物を言う世界かも知れません…

Reply
もつなべ

通勤途中のディーラーで試乗車見かけるけど、写真とかで見るよりうずっと良いね~。
小柄で低くてスポーツカー風味満点だった。
値段も手ごろだし結構売れそう。

Reply
St.Lute

> もつ
致命的なのはトップビュー(真上)。まるでクーペとは思えない外観になるよ。
斜めサイドは最高なんだけど。
ちなみにこのCR-Z。一番金持ってるリタイヤ世代に売れてるんだそうだ。

Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です