久々にブログを書こうと思って昔のエントリを眺めていたら良くも悪くも愉快だった

2011年という一年は方々でまとめられているし、ここで振り返ることはない。けれども、昔のエントリを読み返していると今年起こった事件やニュースよりも、二十代中・後半に経験したしんどさの方が自分にとって暗たんたる日々だったと改めて感じる。

許せない人間は頭の片隅にこびりついて今でも離れないし、たま~に夢にうなされたりする。
だからそんなときはどうしょうもなく「アイツにはいつか復讐してやりたい」という気持ちに駈られる。それが自分の親にさえも向けなくちゃいけないという過去があったのもなんだかなって話だ。

ただ、時間の経過というか三十路突入という節目を迎えてある種の落ち着きを得られたおかげで見えてきたものがあったことに喜びを感じている昨今だ。ジョブズの伝説のスピーチから言葉を借りていうところの『点と点が繋がり、線になった』という感覚。

まだまだ未熟だと痛感する日々ではあるけれど、俺に痛い目に遭わせたヤツらには、いつかきっと、いや必ず、正面からぶつかってやると、常に心躍らせていたい。

2012年も頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です