緊急事態、放置書籍多数

『生きるヒント』でお馴染みの五木 寛之 著『人間の関係』を読破した。良書也。首相が連続でドロップアウトしちゃったりする混迷の日本社会において、人間関係はどうあるべきかを見つめ直す機会を与えてくれた。
さて、買ってから完読していない書籍量が危険領域に突入した。いわゆるヒドイ積み本状態というやつなのだ。ここでちょっとリストアップしてみたい。
○ビジネス・啓発もの
新潮新書 国家の品格 – 藤原正彦 著(友人:イトーより拝借)
マイコミ新書 変革期のウェブ – 廣野雅弘 著 ほか
技評SE新書 いちばんやさしいオブジェクト指向の本 – 井上樹 著
講談社現代新書 森田療法 – 岩井寛 著
幻冬舎新書 察知力 – 中村俊輔 著
秀和システム プログラミングでメシが食えるか!? – 小俣 光之 著(友人:スズキより拝借)
毎日コミュニケーションズ ITエンジニアの「心の病」技術者がとりつかれやすい30の疾患 – ストレスケア日比谷クリニック 著(友人:スズキより拝借)
○小説
早川書房 ゴッドファーザー – マリオ・ブーヅォ 著(叔父:ジンイチより拝借)
○ライトノベル
電撃文庫 狼と香辛料VIII 対立の町・上 – 支倉凍砂 著
講談社 DDD1 – 奈須きのこ 著
講談社 DDD2 – 奈須きのこ 著
ほか7冊
とりあえず、森田療法・察知力・プログラミングでメシが食えるか!?・狼と香辛料VIIIを読んでいこうという計画です。来週いっぱいまでに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です