近所のスーパーが無人レジを導入していた件

豆乳ローションをつくるために、無調整豆乳とレモンを買いにマックスバリュ広面店に久々に足を運んだら無人レジが4-6台ほど導入されていた。

ニュースでたびたび目にしていたけれど、まさか秋田でこの光景を目にするとは思わなかった。去年だか今年にコンビニに導入されたATM以来の驚き。我ながらイナカ者だ。

それはそうと、肝心の無人レジを早速使ってみた。バーコード読取精度はそんなに悪くなくすんなり終わってしまった。これだけである。それほど簡単だったのだ。

にもかかわらず、使ってる人は会計する人の1割程度で有人レジの方が圧倒的に行列をなしていたという切ない状態。合理化が進んでもリテラシーがなければ話にならないという典型的な例を目の当たりにした感じだね。

もっとも、それで守られる雇用もあるんだろうけどさ。

2 Comments

もつなべ

前に一度だけ使ってみたけど、面倒すぎて圧倒的に有人のほうが楽だった。
明らかなアドバンテージが無い限り、二度と無人は使わないと思うw

Reply
St.Lute

> もつ
『待たなくていい』。無人の価値はまさにこれだよ。
人が並んでればアドバンテージもクソもないけどさw

Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です