風邪は『喉から』派

風邪の症状はどこから始まるのかっていうのは人それぞれらしい。俺は、ベンザブロックのCMで言うところの『喉から』派だ。
その原因は扁桃腺が大きいことによる。5年くらい前に風邪をひいたときに発覚したことだが、細菌がつきやすくなるんだそうだ。
さて。新年早々2年振りで風邪をやらかしたわけだけども、これが本当に辛い。インフルエンザだったらこうしてエントリを打つことさえしんどいだろうけど、感冒時特有の歯の痛みと寒気で昨夜は眠れなかったし朝は起き上がって病院行くのもはばかられたくらいだ。
なんとか掛かり付けの開業医さんのもとへ朝一番でたどり着き、楽になりたかったから痛みを散らすための注射を希望したけれど、やはりいくつになっても注射というのは好きになれない。マッキーを一回りも太くした感じの注射器に、1/3強の薬液を、ゆっくり…本当にゆっくりと注射されるというのは正直視線をそらしたい光景なのだ。
通例だと、喉→鼻→熱→喉と鼻の症状緩和(いまここ)→熱緩和→脱倦怠感→回復…というプロセスをたどる。とっとと治して通常生活にもどそうと思います。

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です