土曜の朝の地震

岩手を震源とするアースクエイク発生。NHK FMを聞きながらこのブログを打っている。
我が家の被害は、母親が動揺により気分の悪さを訴えていること、俺の部屋の本が一部散乱していること。そして、前に在籍していた会社の技術部の専務からCCで『サーバーは大丈夫。皆さん怪我はないですか?』という携帯メールが入ってアンニュイな気分になっていること。
地震というのは意外な被害をもたらします。俺が何を言いたいのかっていうと、つまりは、プレート自重しろ。

大阪府職員が橋本にゴネてる件

大阪府職員のこれまでの話を聞いていると、民間で働いている人間と行政で働いている人間の『我慢』の限界点の違いってのが見える。『”よく”見える』と言えないのは、よく働いてる職員のメディアソースが無いから。それを前提で言わせてもらうと…
手取り30万越えでブーブー言ってる時点でアウト。家族を養えないとかどうとか涙目になってる職員がいるらしいけど、そもそもその家庭すら持てずに四苦八苦している若者が如何に多いことか少子化問題からも明らかだよね。家族が養えないなら、養う努力をしてくれといいたい。その努力が大阪を救うだろうし、そのモデルケースが他地方も救えるかも知れない。
あと労組があるということ自体、中小零細で働いている人間からしてみればマシな環境だと思うよ。少なくとも自分たちの生活問題を持ち出して働く場に意見できるんだから。
大阪だけじゃない。公務員は自分たちはどれほど恵まれてるか、その待遇に見合った仕事が出来ているのか意識した方がいい。つか、いったんワープアの生活とか、少なくとも20~30代の家庭生活を3ヶ月ほど体感した方がいいよ。視察とか意見調査なんかするよりよっぽど骨身に滲みるだろうよ。国会の”政治屋”サンたちもね。
関連URI
「気に入らないなら職変えて」大阪府の橋下知事が朝礼で激怒
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/080612/lcl0806121240001-n1.htm
6月12日 産経ニュース

「私のやり方が気に入らないなら、職を変えてくれ。」

橋本も、もう少し落ち着け。

ありがとうゲイツ。さよならゲイツ。

マイクロソフトの偉い人こと、ビル・ゲイツが6月一杯で経営とソフト開発から退任するんだと。
90年代中盤から2000年くらいまでは、パソコン系雑誌(主にアスキー出版系)で笑いものにされたり、”Micro$oft”とか”マイワロソフト”とか揶揄されまくってるのが印象的。それでも、俺はアップルのジョブズよりも好きです。
なぜかって?これほどネタになる技術屋系のエラい人も珍しいからだよ。

こういう事件が起こる背景ってなんだ?

秋葉原で殺人事件が起きた。ニュースソースで表現されてる『通り魔』ってレベルじゃない。「生活に疲れ、世の中がいやになった。人を殺すために秋葉原に来た。誰でもよかった」などと犯人は供述しているらしい。
時代が進むにつれ理解に苦しむことや悲しいことが多くなっている。確定的な真実が見えないなかでこういうことを述べるのもアレだけど、犯人に対する責任やら問題ももちろん、なぜこういう結果になったのか、二度と起こさないためにはどうすればいいのか。それを個々人で考えて自分なりの答えを持ち、周囲と精査しながらどんな些細なことでも行動したい。
自分が生きるために必要なスピードとかテクニックとか過剰すぎるほど求められる世の中では、そんな余裕もなく物事が風化していく傾向が強いけれど、このままじゃ駄目だ。こういう機会が訪れたからこそ、立ち止まって考えよう。たとえ5分でもいいから。
亡くなられた方には心よりご冥福をお祈りいたします。怪我を負った方、居合わせた方、一日も早い心身の回復と平穏が訪れることを願っています。

マリッジリングと誓いのキス

6月5日に28の誕生日を迎えた友人が結婚した。ジューンブライダル。友人の新たな旅立ち。俺もとても嬉しい。
ふたりの晴れ姿をみて、俺も精一杯生きなきゃなぁと元気を貰って挙式から戻ってきたのでした。
そーいや、結婚式にお呼ばれされて実際参加させてもらったり、同年代の友人が結婚するのって今回が人生初かな。自分には無縁の世界だと思っていたけれど、目の当たりにするといろいろな感慨が出てくるんだね。不思議なもんです。

現在までに243回のアレ。

車に乗るようになってから、今までマイカーに給油した回数。243回。
2001年8月19日 税込みリッター価格。105円。
2003年12月6日 税込みリッター価格。90円。
2008年6月1日 税込みリッター価格。157円。
将来 税込みリッター価格。ホープレス。
図1
で、交通の利便が無く、したがって車が必需品で、低所得な地方在住者はどうすればいいのでしょうか。
死ねと言うことですね。わかります。
…。解るかよ、バーロー。

続・奈良のマスコット騒動にみる、市民と役所とデザイン

「せんとくん」についてあれやこれやのエントリーをしたのは先々月のことだが、昨日対抗キャラが発表された模様。
例のお騒がせシカ坊主こと「せんとくん」に待ったをかけた果敢なる地元デザイナー集団『クリエイターズ会議・大和(以下、CY)』がこの度対抗馬を打ち出した。その名を「まんとくん」。
キャラクター公募にあたり、かねてよりCY側は共存の姿勢をみせているが、明らかに取って代わりたい気マンマンなのがネーミングからも伝わってくる。これが民意というやつか。
で、そのまんとくんのファーストインプレッションだが…ずばり言おう。まんとくんのほうが少なく見積もっても10倍は受け入れられやすい、と。
関連URI
クリエイターズ会議・大和
http://creators-yamato.net/
平安遷都1300年祭 公式サイト
http://www.1300.jp/

かがり美少女イラストコンテスト開催にさきだち、秋田県羽後町に行ってきた その2

出発前、メシはココで食おうと固く心に決めていた。オーガニック・カフェレストラン『オウザン・デ・イマン村』。200年の歴史をもつ庭園を有し、対川荘(たいせんそう)と呼ばれた西馬音内(羽後町)の迎賓館であった場所だ。イベント物販のスティックポスターではここもテーマとして挙げられ、イラスト担当はビジュアルノベル界では超有名なKEY所属イラストレータ樋上いたる氏である。
西馬音内地区に訪れた直後はまったくその場所が分からなかったため、演歌大会らしきものが行われていた羽後町役場付属多目的研修集会施設の受付のおっちゃんにその場所を聞いた。役場の門から見えるガソリンスタンドを左折し、徒歩で5分ほどらしい。
あった!
写真1写真2写真3
通りからその様子は判らないが、目印に従って砂利道を行くとそのモダンな建物はひっそり佇んでいた。2階建てではあるがそのわりに低く構えられた様子はなるほど確かに歴史を感じる。
そして中に入ると迎えてくれるメイ(ry…ではなくウェイトレスさん。ロマン、改め、こちらもモダンな様子の衣装。一拍おいた落ち着きをみせる仕草というか、上品な立ち振る舞いというか。雨の中、強行ドライブした俺、涙目。
庭を一望できる席を確保した我々はパスタをメインとするランチメニューを頼み、地場産物で構成された料理に舌鼓を打った。
写真4写真5
写真6写真7
店内の様子とウェイトレスさんの写真を載せたいところだが、そこはそれ。各々、是非とも現地に行ってその目で確かめて頂きたい。
※駐車場はそれほどのスペースが無いので、自動車・二輪等で行く場合は注意が必要です。
写真8
写真9
余談。スティックポスター販売取扱店のひとつ『書店ミケーネ』にも立ち寄った。(前エントリーで外観写真を載せています。)店の様子はご近所の書店のそれだけど、ひとかどのコーナーにスティックポスターに参加するイラストレータの画集っぽいものとかムックが陳列されていたのが微笑ましかった。POP氏のタペストリーもあったしね。
関連URI
かがり美少女イラストコンテスト実行委員会のページ
http://hachinosu175.blog107.fc2.com/
2ch イラストレーター板
【羽後町】かがり美少女イラストコンテスト
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/illustrator/1209992031/
関連動画
YouTube – ABS(秋田放送) ニュースリアルタイムあきた
「スティックポスターin羽後町」と「かがり美少女イラストコンテスト」についての報道

かがり美少女イラストコンテスト開催にさきだち、秋田県羽後町に行ってきた その1

イベント物販であるスティックポスターの参加イラストレータが有名ということも含め、ネットで話題になっている第二回「かがり美少女イラストコンテスト」の開催地、秋田県羽後町に足を運んだ。
同コンテストの開催発表は今年3月11日。偶然立ち寄った個人ブログに『秋田ハジマタ』というリンクがあり、クリック先の公式サイトでニュースリリースを見てようやく知ったのが4月の中旬頃だったろうか。秋田に住んでいながらかつ地元地方紙に取り上げられていたにもかかわらず、一ヶ月近くも知らずにいたことと、去年もあったこと、今回第二回目のイベントで販売されるスティックポスターに参加するイラストレータの布陣等、諸々がごっちゃになって軽い目眩のようなモノをおぼえたのである。
「確かに、秋田、ハジマッてしまった。」
で。開催当日である今月28日は行くしかねーなということは決定だったが、事前に行っておきたいよねということを友人と相談はしていた。週末の悪天続きで先送りにし続け、今週末も雨天という状況。が、本日とうとう羽後町までの強行ドライブを敢行した。
県内秋田市からでも車で2時間半。ウェットコンディション。ドライビングには最悪の道程といっていい。週末はヒッキーな俺としては快挙もいいところだ。それでもこの身を突き動かしたのは何か。
…。ウェイトレスさんの衣装についつい魅せられてしまうといわれるカフェの存在。その名は『オウザン・デ・イマン村』。保身の為に言っとくと、決して(露骨なまでの)メイド喫茶ではない。
午前中に秋田市中心部を出発し、好奇心で腹を空かせた連れを含む一行は午後3時ちょい前にその店に訪れることになる。
(次回エントリーに続く)
おまけ
当日イベント会場へ目印となりうる場所。
左から、マックスバリュ西馬音内店前案内板、羽後町役場、書店ミケーネ。
写真1写真2写真3

Lightbox2.0ってやつを導入してみた

いわゆるAJAXってヤツのなかでいままで使ったことあるのって『郵便番号入力したら住所が自動的に入力されます』的機能のモノしか使ったことがない。
んなもんだから、AJAXについては「画面変遷無しにアクションやデータを引き出すシロモノなのね。(´_ゝ`)フーン」…という当たり障りのない解釈でしか知識に留めていない。
とりあえず他に何ができんのか、というのをLightboxというヤツを引っ張ってきてブログの機能強化を図った。
これってかなり有名なAJAXライブラリらしく、同一画面内で画像を展開するというもの。ポップアップが世間的にもソフト上でも蹴られる近年においては登場して当然のライブラリだったというわけだ。
そんなわけで過日のエントリーでテストしてみた。一度ご覧あれ。「あぁ、コレね」ってすぐわかるかと。
テスト用エントリー
2008.05.14
男鹿 滝の頭湧水~寒風山展望台にドライブ行ってきた その2