vs Azuki

飲んでみた。

ペプシAzuki

ひとくち飲む。

…………。

ファンタグレープの容器に詰め替え、俺は静かに冷蔵庫へ戻した。

プリンタのインクカートリッジの暴利具合は異常

十数年のパソコン生活で、もっとも付き合いの短い装置はプリンタである。自宅で使うものを初めて購入したのが去年だといえば、その短さ具合もわかってもらえると思う。

さて今年に入ってからというもの、やれ絵描きだ、やれギター演奏だの言っていると印刷するものも増えるわけで先日とうとうインクが切れた。画面上が指示するインク残量をみると黒色以外にも全体的にほかの色も減っていたので、メーカー純正のセットになったものを買おうと電気店へ。

ところが、お値段なんと¥4,980。目玉が飛び出た。プリンタとの付き合いが短い俺でさえものすごい違和感。いくらなんでもボリすぎだろ。あんまりにもひどい値段だと思い、その日は黒色系だけ買って帰ってきた。

友人にこの件を訊ねてみたところ、カートリッジはプリンタ本体の採算をカバーするためにあの値段であることのこと。実にシンプルな真相だったけれど、それでもあの値段はない。

実際にそう感じている方も少なくないようで、自らカラになったカートリッジにインクを詰めることで暴利から身を守っているようである。俺も今度からそうさせてもらおうかね。

イラだちがとにかく収まらない

ホームベースであるはずの家なのに、家族と折り合いが悪くてたまらない。親とも話などしなくなったし、その昔からの知人が家に来ていても挨拶もしたくない。

加えてバイト先の仕事にやり甲斐もなく、なんだか自分がミスしたらしいコトになっているかのような注意のされ方が続き胃に穴が開きそうである。もしかしたらもう開いてるかもしれない。

今朝の渋滞で見事に仕事に遅刻し、探られたくないハラまで探られた。「人の顔色みて仕事してるだろ?俺、そういうの大っきらいだから!」だって。やかましい。

働かせてもらってることに感謝こそしてるけど、あっちでああ言われてこっちではああ言われて指示の内容がまるで違うような環境が続いてそうならないほうがおかしい。ざけんな。

もう限界だ。どっか行きたい。出来るなら二度と戻って来たくない。

…ということを、はき出してとりあえず今日は寝ておこうと思う。

iPodと音楽CDの整理

iPodを購入してかれこれ6年ほど経ったのだが、お世辞にも整理して使っているとは言い難い状況を引きずったまま今日まで過ごしてしまった。

アルバムごとに振り分けされてはいるものの、『気分的にあっちとこっちのアルバムからこんな曲だけを流していたい』だとか『とりあえずアルバムの全曲入れておきたいけど、気に入った曲だけ聞きたい』といったことをしないままにしていたのだ。つまり、[プレイリスト]をほとんど無視していたのである。

iPodの使い方だけにとどまらない。実は今まで購入していたCDの半数以上をMP3に取り込んですらいなかったという体たらく。やることなすことPCで完結してしまうこの時代に、いちいちジャケットを引っ張り出すことは時間の無駄でしかない。なにより、作曲でいろんな音楽を参考にする身としてこれじゃイカンのだ。

…なんてゴタクを並べてるけど、昔の曲を取り込んで懐古厨根性を存分に発揮したいってのが動機の大半を占める。それにジャケットも散乱していたし、本格的に要らないと思われるCDも出てきそうだからね。

ここ一週間、デスクトップから離れるときはCDをリッピングしている。今月中には全部終わらせる気概でやんないと終わらないな。

作業デスク周りの模様替え

『PC兼音楽作業デスク』と『モノ描き兼模型制作デスク』の行き来がめんどくさくなり、モニタをモノ描き兼模型制作デスクに移動した。

デスク全景の写真
まだあんまり片付いていない。もともとモニタのあった場所にはギターアンプを置いている。

模様替えしたデスクの写真
『モノ描き兼模型制作デスク』から『PC兼モノ描き兼模型制作デスク』になった。必要時にはトレス台の上にタブレットが装備される。

PC操作もだいぶ楽になったけど、ハード音源を行使するあるいはモニタリングなどのミュージックワークについてはこのままでは出来ない。急ぐ必要はないけれど、サブのモニタとキーボードの導入を考えなくてはならないね。

「金がねえなら結婚しない方がいい」はガチか、否か。

総選挙に向けて絶賛自民ネガキャン実施中の各所報道機関が報じたところによる、麻生総理の発言。主なソースはGoogle検索結果から参照のこと。

なんかこれ、問題発言として報じられてるらしい。選挙戦略・対策・影響としては問題だろうけどどう考えても正論だろ。

報道してる連中には貧乏人と結婚したいのか、マジで聞きたい。いくら気持ちがあっても先立つものが無ければ子どもどころか結婚生活自体アウトなんてみんなわかってるんだから。子どもを授かったとしても貧乏がもたらす家庭への影響は計り知れないぞ。親父が事故で亡くなった母子家庭で育った俺が言うんだから間違いない。

麻生現総理のこの発言に対し毎日新聞なんかは”不況下で就職難の若者らの気持ちを逆なでする発言とも受け取れる。”とわざわざこきおろしてるけど、こんなことを記事にされる方がよっぽど気持ちを逆なでされるわ。アホかよ。それとも釣りか?

記事を書いたと思われる連中や関係者に言ってやりたいよ。
『あなたに娘がいたとして、今年、年収百数万も行かなそうなヤツに嫁がせたいと思いますかね?』って。俺のことだけどな!

ギターを練習し始めて1~2ヶ月ちょい経った件

♪すぽると!のアレを数小節プレイ [mp3]
↑これが今の精一杯です。この曲、クレイジーすぎる。

この歳で何かを始めるにあたって一番辛いことは年相応の吸収力の衰えだとかそんなチンケなことでは決してなく、周囲に切磋琢磨する相手がいないことや身近に指摘をしてくれるような相手がいないことにある。要するに孤独は辛いってことだ。ギャフン。

それでもいつか上手くなる日を夢見てがんばるわけです。音楽はその字のとおり楽しいからね。

川沿い在住なのだが…

今朝起きたらごらんの有様です。本当にありがとうございました。

写真01

俺の部屋や機材は現在こうなっている

ウェブに携わる仕事なんか経験せず、あるいは音楽制作に興味を持っていなかったら今頃どんな部屋になっていたのだろうと考える。

きっと部屋はもっと広く使えていたはずだし、貯金だって潤沢に違いない。なんてな。

(さらに…)